Filmdays

茨城県を中心にフィルムカメラで鉄道や街中の日常を切り取り、嵩張る現像代に反省するブログです。

茨城県南・某店

草野球の自主練をするのに最適な広場があります。

そこは車じゃないと行けない場所なのですが、そこで練習するといつも目に入るのが今回ご紹介する某居酒屋です。

 

夏場は入り口からもうもうと出る煙と炭火が気になって仕方ない、どんな焼き鳥が出るんだろうと下戸なのに入りたくてしょうがないお店でした。

飲めないのに酒場放浪記気分です。

で、会社の後輩にハンドルキーパーするから一緒に行かない?と誘うことに成功して、年末にお邪魔させて頂きました。

 

開店時間ぴったりに入店。

先に結論から申し上げますと、やきとりイコール豚のモツ焼で、それが最高に美味しかった。

個人的にシロモツがマストでした。

 

f:id:daidaihisashi:20220113202817j:image

RICOH FF-1 (FUJI EX400)

冬季限定のおでん。

コンビニおでんの具の1.5~2倍くらい大きい。大根は3倍くらいでかいんじゃないのか(笑)?

もつ焼きは「火を起こすから待ってて」という事で、店主のおばあちゃんとのんびり会話しながら乾杯。ちなみに私はコーラです。

初来店なのに優しくして頂き感謝です。

「こういうお店は少なくなったから、意外と若い人も飲みに来るのよー。」と。

そりゃあれだけ入り口から煙出してたら誰だって気になりますよ笑

 

f:id:daidaihisashi:20220113202814j:image

RICOH FF-1 (FUJI EX400)

ピントがズレたので雰囲気だけでも。

ちなみに創業は寛永元年だそうです。

後輩が「タイタニックが沈没するより前にお店あったんですか!」って。

凄い例えというか、それがすぐ頭に出てくるって凄いな笑

そんな後輩君はオススメされたシソサワーを飲みすぎてフラフラ。相当飲みやすいらしい。

過去には15杯飲んだ猛者もいたみたいで…

 

この後ご常連さんが何名か来店。

「こうやってみんな来てくれるんだから辞めちゃだめだよ!」と。

そういうご常連さんの1人は、絵に描いた様な昭和のスターみたいなお顔立ちで、店ごとタイムスリップしたのかと思うくらい笑

 

ちなみにこの日が2021年最後の営業でした。

 

帰りに後輩君「ここは居心地良すぎて、あまり人に教えたくないお店ですね。」

せっかく付き合ってくれた後輩君の希望を尊重する事にしましょうか。

 

周りは殆ど閉めてしまったお店ばかりなのに、ここだけは寛永元年から歴史が繋がっている理由が分かった様な、そんな雰囲気がありました。

大宮駅前のいづみや

だいぶ遅くなりましたが、本年も宜しくお願い致します。

今年ものんびり更新で、1日1枚とか言ってた日が懐かしい笑

今回は3年前にもブログで取り上げた大宮駅前のいづみやさん。

前は社員旅行の帰りに1人でふらっとお昼を食べに入りましたが、今回はコロナも落ち着いたし今しかないかな?と出掛けた時にお邪魔しました。

f:id:daidaihisashi:20220111145041j:image

RICOH FF-1+フジ エクストラ400

手書きのメニューが良い感じ。

このお店は遅めの午後に入ると、店内に西日が入ってさらに良い雰囲気になります。

刺身定食と肉豆腐でお昼としましたが、前もまぐろブツだったし揚げ物でもよかったかな。

f:id:daidaihisashi:20220111150017j:image

RICOH FF-1+フジ エクストラ400

今度はお酒に強い同僚でも連れて来よう。

柏・うらら(昨夏閉店)

柏の東口のロータリーにあった喫茶店うらら。

通る度にショーケースが目に入り、何年か前に名物のうららライスを頂きました。

ていうか名前だけ見ると男1人では何だか入りづらい名前でした笑

実際は喫茶店なのでそんな事はないんですけど。

f:id:daidaihisashi:20211208120734j:image

RICOH FF-1(フィルムはフジアクロス100)

 

久しぶりに柏まで行こうと思ったら、コロナの影響なのか?昨年の夏に閉店してたのですね…。

今日は別の喫茶店に行ってからジムに行こうと、そんな中での更新でした。

江戸崎商店街

たまたま別の場所に用事があった帰り道、下道でのんびり走っていたら気づいたら入り込んでいた商店街。

気になったものの、歩く時間が無くて後日また通ったときに車を駐車してカメラを持ってフラフラしてきました。

f:id:daidaihisashi:20210818202239j:image

一番心に刺さったのはこのタクシー会社でした。

古民家の中にタクシー会社が入り込んでいてびっくり。

看板とこの奥行き、雰囲気全てカッコいい!


f:id:daidaihisashi:20210818202242j:image

街の中はというと、営業してるとこもあれば締めちゃってるお店もあったりで。

タバコ屋さんのおじさんがカウンターでコックリコックリしていたのを見て、私は今どこの時代にいるんだろう?と。

江戸崎は鉄道の無い街ですが、駅がないのにこんなに商店街がある街を久しぶりに見た気がしました。

作られたレトロではなく、昔そのもののレトロに浸ったひとときでした。

枕木は何を思うか。

2019年の秋の台風で茨城県北部も大きな被害を受けました。

その数年前には県南も大きな被害を受けていて、ここのところ茨城県は台風受難が続いています。

その台風でJR水郡線久慈川にかかる橋が流されてしまいました。水郡線沿線の台風被害だと、水戸市の青柳付近がの那珂川の被害浮かびますが、まさか北部で橋が流されるとは…と、ショッキングな出来事でした。

2021年、無事に流れた橋は立派に架け変わりましたが、春先のある日にその下流でカメラを持ち歩いていたらこんなものが。

f:id:daidaihisashi:20210811083252j:image

明らかに上から流されてきた枕木。

ちなみにここは第4久慈川橋梁で、流されたのは第6久慈川橋梁。

間に第5橋梁を挟んで、何キロも上流なのに。

ベタな表現ですが、自然の猛威を復旧後にまざまざと見せつけられました。

これからこの枕木はここで眠りにつくのか、またどこかに流されていくのか、水郡線の今後の安全運行を願わずにはいられませんでした。

火の見櫓

少し前にご紹介したフジペット35ですが、1枚うっかり多重露光した以外は良い感じに撮れていました。

撮れていましたって、修理する前にもよく撮れていたので当たり前なんですけど笑

接眼レンズを入れて、気持ちよく撮れました!

という方が正解でした。

ただ、コロナ禍なのでなかなか遠出もできないので近所の集落で何枚か。

 

f:id:daidaihisashi:20210809112319j:image

あえて逆光で撮ってもいい感じでした。

 

f:id:daidaihisashi:20210809113105j:image

ってまた縦写真ですね。

 

これでブログも3連続縦写真。

縦写真好きな自覚はないんですけど…笑

 

 

水戸市・泉町会館

前回からの続きで、お目当ての泉町会館。

元々は商店街の商工会議所で、今は耐震補強されてワインバーとフリースペースが入ってるそうです。

正直、隣の銀行の建物もですけど水戸市民的には溶け込みすぎていて何にも思っていませんでした笑

f:id:daidaihisashi:20210808091949j:image

引っ越して、帰省してからその良さに改めて気づいた感じです。

f:id:daidaihisashi:20210808092004j:image

むしろ後ろの中央ビルの方が水戸っぽいかなー。

最近の水戸市は駅前の水戸城跡を復元したり、観光路線なのか歴史路線なのか色々模索しているみたいです。

北口から大工町も旧県庁、配水塔、泉町会館…何か上手いこと昭和レトロゾーンとして盛り上げれたら楽しいんでしょうけど、どうかな?

各々の建物が少し離れてしまってるのがちょっとネックでしょうか。